使う人を印鑑は表します

印鑑には、様々な書体を使います。使う書体には決まりはないようですが、なんといっても読めなきゃ困りますね。明朝系の書体は奇麗なので良いく好まれて使われています。また、象形文字っぽい物や変形の楷書体も目にする事があります。認印に使われる文字はほとんどが明朝の文字。それでも、印影は彫る人によって変わってきます。どれを選ぶかはあなた次第。一般に流通している三文判といわれるものは、コンピューターで制御されて作られた大量生産の印鑑。ですから、印影も全く同じものが出回っている事でしょう。当店の印鑑は、一級印章師が手仕上げで彫った印鑑ですから、同じものはありません。同じ名字でも彫られた印影で、その人の性格を表す事があります。案外、ちょっとしたもので性格が分ってしまったりするのですね。ご自分に合った、印鑑を当店でお探しになりませんか?詳しい内容はこちらのサイトにあります。